PR

ニュース 国際

「香港の権利と自由認めよ」メルケル氏、中国首相に

6日夜、香港・太子駅付近で警察が発射した催涙弾(西見由章撮影)
6日夜、香港・太子駅付近で警察が発射した催涙弾(西見由章撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 【香港=西見由章】ドイツのメルケル首相は6日、中国を訪問し、北京の人民大会堂で李克強首相と会談した。メルケル氏は「逃亡犯条例」改正案をめぐって抗議活動が拡大している香港情勢について提起し、「(香港)市民の権利と自由が認められなければならない」と強調した。会談後に李氏との共同記者発表に臨んだメルケル氏が明らかにした。

 メルケル氏は李氏に「平和的な解決が必要だ」と伝えたと説明。「暴力は阻止されなければならない。対話のみが有用だ」と述べ、香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官が提案した市民との対話にデモ参加者が参加できるよう望むと語った。

 一方、李氏は「香港政府が法に基づき暴力や混乱を制止することを支持する」と述べた。

 メルケル氏は同日、習近平国家主席とも会談。中国外務省によると、習氏は両国が「ともに自由貿易と多国間主義を守らなければならない」と呼びかけた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ