PR

ニュース 国際

「文政権が捜査介入」韓国法相候補めぐり検察が反発

ソウルの国会で開かれた聴聞会に出席したチョ・グク氏=6日(聯合=共同)
ソウルの国会で開かれた聴聞会に出席したチョ・グク氏=6日(聯合=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の法相候補として国会で6日、人事聴聞会に臨んだチョ・グク氏の家族に絡む捜査をめぐり、文在寅(ムン・ジェイン)政権や与党の幹部が「政治的だ」と批判。検察が政権や与党に捜査介入をやめるよう反発し、前代未聞の非難の応酬となっている。いわゆる徴用工判決で日本に司法の尊重を求めながら、検察の中立性をないがしろにする文政権の二重基準が改めて浮き彫りになった。

 チョ氏の娘が大学院への進学に際し、履歴書に虚偽を記載した疑惑で、大統領府高官が虚偽を否定できる人物が見つかり、疑惑を晴らせると発言したことに、最高検は5日、「大統領府の捜査介入に映る恐れがあり、非常に不適切だ」とする最高検関係者の発言を記者団に伝えた。メディアは尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長の抗議の意思を示したとみている。

 李洛淵(イ・ナギョン)首相は5日、国会で、検察が聴聞会を目前に強制捜査に踏み切ったことを「不適切だ」と述べ「検察が政治をしようとするのは、領分を超えたことだ」と批判した。朴相基(パク・サンギ)現法相も強制捜査を「事後に知った。報告すべきだった」と不快感をあらわにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ