PR

ニュース 国際

英高速鉄道、開業延期へ 最大5年、事業費3兆円増

高速鉄道「HS2」の開通予定地に掲げられた看板=1月(ロイター)
高速鉄道「HS2」の開通予定地に掲げられた看板=1月(ロイター)

 英政府は3日、高速鉄道「ハイスピード(HS)2」の営業開始時期が、当初予定の2026年から28~31年に遅れるとの見通しを明らかにした。総事業費が最大3兆円規模で膨らむとの試算も公表した。

 独立委員会が現在、事業の採算性や効率性を検証中だ。実施すべきかどうかを含めて今秋までに政府に提言する見通しで、計画の大幅な見直しにつながる可能性もある。

 英メディアによると、HS2はロンドンと英中部の南北約530キロを結ぶ高速鉄道計画。日立製作所がカナダのボンバルディアと組み、ロンドンとバーミンガムを結ぶ第1期の車両受注を目指し、入札に参加した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ