PR

ニュース 国際

中朝外相、非核化で「深い議論」 北、香港情勢で中国支持

平壌で会談する中国の王毅国務委員兼外相(左から2人目)と北朝鮮の李容浩外相(右端)=2日(新華社=共同)
平壌で会談する中国の王毅国務委員兼外相(左から2人目)と北朝鮮の李容浩外相(右端)=2日(新華社=共同)

 【北京=西見由章】中国の王毅国務委員兼外相は2日、北朝鮮・平壌で李容浩(リ・ヨンホ)外相と会談した。両氏は両国関係を揺るぎなく発展させ、10月の中朝国交樹立70年祝賀行事に向けて協力することで一致した。朝鮮半島情勢と香港情勢についても意見交換した。中国外務省が明らかにした。

 中国は米国との貿易摩擦などの対立激化を受け、北朝鮮やインド、日本など近隣国との関係改善を進めている。米朝の非核化交渉が停滞する中、北朝鮮の後ろ盾として存在感を誇示する狙いもありそうだ。

 両氏は朝鮮半島情勢について「深い意見交換」を行い、地域の平和と安定を守るために貢献することで一致した。米朝非核化交渉などを議論したもようだ。「逃亡犯条例」改正をめぐって抗議行動が続く香港について、李氏は「香港は中国の香港であり、外部勢力は干渉すべきでない」と中国支持を強調した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ