PR

ニュース 国際

仏イラン首脳が電話協議

 フランスのマクロン大統領は8月31日、イランのロウハニ大統領と電話会談した。フランス大統領府が発表した。核問題などを巡り対立する米イラン両国の首脳会談実現に向け、調整を続けたとみられる。両首脳は緊密に連絡を取り続けることで一致した。

 マクロン氏は8月下旬にフランス・ビアリッツで開いた先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、米イラン首脳会談を調整する考えを表明、トランプ米大統領も環境が整えば可能だとした。マクロン氏はロウハニ師に、緊張緩和の条件構築に向け、現在の対話に向けた動きが重要と訴えた。

 核合意を離脱したトランプ米政権がイランに対する制裁を再発動したことを受け、イランは核合意の履行を一部停止。マクロン氏は電話協議で、合意を順守し、中東地域の平和回復に向けた措置を取る必要性を呼び掛けた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ