PR

ニュース 国際

韓国が米大使に「失望」繰り返すなと自制要求

 【ソウル=桜井紀雄】韓国外務省の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官は28日、米国のハリス駐韓大使との面談で、韓国による日本とのGSOMIA破棄決定に対し、米国が繰り返し失望や懸念を表明することを自制するよう強く要求した。主要韓国紙が29日に報じた。

 趙氏はハリス氏に、協定の破棄決定は「日本が先に原因をつくったもので、韓米同盟に否定的な影響を与えようとするものではない」と強調。「公の場で繰り返し失望を示すのは、米韓同盟強化の助けにならない」と訴えたという。

 韓国が協定破棄を決めた22日、大統領府高官が「米国と緊密に協議し、米国は決定を理解している」と説明。米政府が「事実ではない」と即座に抗議したため、韓国内からも、文在寅(ムン・ジェイン)政権は都合よく説明するために嘘をついたか、ごまかしたのではないかという批判が上がっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ