PR

ニュース 国際

海保、過去最大の概算要求 大型ドローン導入実験など

昨年5月に長崎県壱岐市でデモ飛行した大型無人機「ガーディアン」
昨年5月に長崎県壱岐市でデモ飛行した大型無人機「ガーディアン」

 海上保安庁は28日、令和2年度予算の概算要求を発表した。総額は約2480億円で、今年度当初に比べて15%増え、過去最大となった。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国公船の領海侵入が頻発するなど、日本周辺海域の緊迫度が増す中、新たに大型無人航空機(ドローン)の導入や新型の巡視船建造に取り組む。大型ドローンについては、導入への実証実験のため9億7000万円を計上した。

 違法操業の監視や、災害時の被害の調査などを目的に大型ドローンの導入を検討。来年度は実機を借り入れるなどして実証実験を行い、性能や運用の有効性などを調べる。

 昨年5月には、米国の「ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ」社が、海上運用を想定し開発した全長約11メートルの無人プロペラ機「ガーディアン」のデモ飛行を長崎県で実施。海保はこれを視察しており、同機などを含め、導入機種を慎重に検討する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ