PR

ニュース 国際

優遇除外「強行」と批判 韓国紙、根強い警戒感

日本政府が「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外したことを伝える28日付の韓国主要紙(共同)
日本政府が「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外したことを伝える28日付の韓国主要紙(共同)

 28日付の韓国主要紙は、日本政府が安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外したことを「予定通りの強行」(ハンギョレ)などと批判的に報じた。保守系紙の中央日報は追加の輸出規制強化が実行される可能性も指摘し、根強い警戒感を示した。

 一方、この日の紙面の多くは文在寅政権が法相候補として発表した文氏側近のチョ国氏に関連した検察の強制捜査に割かれ、輸出規制強化についての記事の扱いはこれまでより控えめだった。

 保守系紙、東亜日報は、日本が輸出規制強化措置を撤回すれば韓国は軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定を見直すとする李洛淵首相の発言について「日本への対話呼び掛け」であると同時に「予想以上に強い不満を示した米政府をなだめる目的」があると分析した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ