PR

ニュース 国際

羽田行き中国機から黒煙 搭乗手続き中、けが人情報なし

 【北京=西見由章】中国の北京国際空港で27日午後4時(日本時間同5時)ごろ、羽田行き中国国際航空183便の貨物室付近から出火し、一時機体が黒煙に包まれた。航空会社などの発表によると、当時は搭乗手続きが始まっていたが機内に乗客はおらず、ただちに消火活動を行うとともに全員を安全に避難させた。出火原因は現在調査中としている。

 北京の日本大使館によると、邦人が負傷したとの情報はないという。同空港によると、同便は午後9時半に羽田空港に到着予定だった。

 中国のインターネット上では、ターミナルビルそばに駐機している旅客機の前方から黒煙や白煙が上がり、機体上部の一部が黒く焦げた様子を写した画像が拡散している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ