PR

ニュース 国際

【台湾有情】日本時代のコーヒーの味は?

日本統治時代のコーヒーの木(左奥)の記念碑を除幕するキーコーヒーの柴田裕社長(左)と饒慶鈴台東県長(県知事)=21日、台湾南東部・台東県(田中靖人撮影)
日本統治時代のコーヒーの木(左奥)の記念碑を除幕するキーコーヒーの柴田裕社長(左)と饒慶鈴台東県長(県知事)=21日、台湾南東部・台東県(田中靖人撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 台湾南東部・台東で日本統治時代に植えられたコーヒーの老木の取材に先日、行ってきた。現場はかなりの山奥で、交通の不便だった時代に、よくもこんなところに農場を開拓したものだと感心した。

 老木は戦後、放置されて高さ約8メートルまで育っており、それといわれなければ気づかない。ただ、地元の人は辺りを「コーヒー園」と呼んでおり、地名だけは伝わっていたという。

 豆からいれる習慣がないので、えらそうなことは言えないのだが、樹齢90年近い老木から取れるコーヒーはどんな味なのだろう。当時、農園を開拓した「木村商店」が前身のキーコーヒー担当者に聞くと、「さすがに高齢すぎて、豆が取れたとしても十分な味は出ないでしょう」とのこと。

 ただ、老木の近くには地元の人が「子供か孫だ」という小さな木が6本あり、「もしかしたら」と、その味に期待させられた。

 台湾では、少し前から地元産のコーヒーを出す店が雑誌やテレビで取り上げられるようになった。食品展示会で一度、品評会で優勝したという農家のものを試飲させてもらったら、花茶か果実かと思うような香り高さに驚いた。その分なのか、値段を聞いて買うのはあきらめた。

 最近は日本にも台湾産のコーヒーが輸出され始めたとのこと。ご関心のある方はお試しあれ。(田中靖人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ