PR

ニュース 国際

「超大型ロケット砲」試射 金氏、兵器開発の継続強調

24日、「ロケット砲」の試射を指導する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)(朝鮮中央通信=共同)
24日、「ロケット砲」の試射を指導する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)(朝鮮中央通信=共同)
その他の写真を見る(1/5枚)

 北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、金正恩朝鮮労働党委員長立ち会いの下、新たに開発した「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」の初の発射実験が24日行われ、成功したと伝えた。24日朝に同国東部から日本海に向けて発射した飛翔体2発を指すとみられる。

 金正恩氏は「敵対勢力の軍事的脅威と圧力攻勢を断固粉砕する戦略・戦術兵器開発を力強く推し進めなければならない」と強調。今後も兵器実験を繰り返す恐れがある。

 25日付の党機関紙、労働新聞は1面で報道。4本の大型発射管を備えた移動式発射台から飛翔体が炎を出して打ち上がる写真を掲載した。記事では触れていないが、写真で妹の金与正党第1副部長の同行も確認された。

 北朝鮮は米韓合同軍事演習などに反発、7月下旬以降、新型ミサイルなどの発射を繰り返しており、今回で7回目。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ