PR

ニュース 国際

韓国、日韓GSOMIA破棄 日本の輸出管理措置に対抗

韓国大統領府は日本と締結している軍事情報包括保護協定の破棄を決めたと発表した=22日(AP)
韓国大統領府は日本と締結している軍事情報包括保護協定の破棄を決めたと発表した=22日(AP)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国大統領府は22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたと発表した。大統領府国家安保室の金有根(キム・ユグン)第1次長が記者会見で、日本政府が安全保障上の輸出管理の優遇措置を取る「ホワイト国」からの韓国除外を決めたことを挙げ、「両国間の安保協力環境に重大な変化をもたらした」と指摘。協定維持が「われわれの国益にそぐわないと判断した」と主張した。

 日本の輸出管理厳格化への事実上の報復だが、文在寅(ムン・ジェイン)政権は安保上の日米韓協力体制を瓦解(がかい)させかねない重大な一線を越えた。

 GSOMIAは、日米韓の安保協力を象徴し、トランプ米政権も韓国に繰り返し維持する重要性を訴えてきた。文政権がそれでも破棄という極端な結論を下したことで、日韓の安保協力にとどまらず、米韓同盟への悪影響は避けられない。

 協定更新の判断期限は24日に迫っていた。大統領府が22日に国家安全保障会議(NSC)を開いて延長しない方針をまとめ、文大統領が最終決定した。外交ルートを通じて日本政府に通告するとしている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ