PR

ニュース 国際

米「宇宙軍」29日に発足 中露に対抗、11番目の統合軍

 米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は20日、戦略軍やサイバー軍などに続く11番目の統合軍として29日に「宇宙軍」を発足させると表明した。トランプ政権は宇宙開発を進める中国やロシアをにらみ、陸海空や海兵隊などと並ぶ新たな独立軍への昇格を目指している。

 ダンフォード氏は南部バージニア州で開かれた国家宇宙会議で「宇宙軍の発足により、死活的に重要な戦闘領域での競争で優位に立てる」と意義を強調した。

 宇宙軍は空軍など各軍に分散した宇宙分野の全機能を統合する。計87人で発足し、ミサイル警戒や人工衛星の運用、宇宙空間の監視活動などに当たる。

 新たな独立軍の創設には法整備が必要なため、政権は今回、米軍改編で可能な統合軍の発足を先行させた。宇宙軍司令官にはレイモンド空軍大将の就任が決まっている。

 トランプ氏は今年2月、独立した宇宙軍の創設を正式に指示。国防総省は創設に関する関連法案を議会に提出している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ