PR

ニュース 国際

日韓外相会談 河野氏、「徴用工」問題の早急な対応要求 平行線も対話継続は一致

韓国の康京和外相との会談について説明する河野外相=21日、北京郊外(共同)
韓国の康京和外相との会談について説明する河野外相=21日、北京郊外(共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【北京=西見由章、ソウル=桜井紀雄】河野太郎外相は21日、北京郊外で韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談し、いわゆる徴用工訴訟をめぐり、国際法に違反する状態の早急な是正や、韓国国内の「反日的な動き」への対応を求めた。一方、韓国の聯合ニュースによると、康氏は日本による輸出管理の優遇対象から韓国を除外した措置に改めて深い遺憾の意を表明し、即時撤回を強く訴えた。議論は平行線をたどったが、対話の継続では一致した。

 河野氏は会談後、徴用工訴訟について「互いの立場を明確にした。この問題が(日韓の)最大の懸案であるという認識は共有できている」と記者団に語った。

 日本外務省によると、河野氏は会談で、韓国国内でデモや不買運動が相次ぎ、複数の地方議会で日本企業に対する不適切な条例制定の動きがあるとの懸念を表明。邦人保護など韓国政府に適切な対応を求めた。

 一方、韓国側は福島第1原子力発電所の汚染水処理計画に情報共有を求めた。日本側は「透明性のある情報提供を各国に行っている」と説明した。

 河野氏は、24日に更新の判断期限を迎える日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が話題に上ったことも明らかにし「日本としては、しっかり維持していくべきものだと思っている」と述べた。聯合によると、この問題は河野氏が提起し、康氏は延長の可否について「検討中だ」と伝えた。韓国当局者は、会談が「厳しい雰囲気の中で行われた」と説明した。

 日本外務省によると、康氏は日韓外相会談に先立つ日中韓外相会談でも、日本の名指しを避けつつ「恣意(しい)的な輸出管理は撤回すべきだ」と発言。河野氏は即座に「2国間の案件について言及することは控えるべきだ」と反論した。

 議長国の中国の王毅国務委員兼外相は会談後の記者発表で「日韓双方が建設的に意見の相違を管理し、問題解決の方法を見つけてほしい」と懸念を示した。

 日中韓外相会談では、北朝鮮の非核化に向けて、国連安保理決議の完全な履行を含めて緊密に連携していくことを確認した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ