PR

ニュース 国際

台湾で日本時代のコーヒーの木 記念碑除幕

21日、台湾南東部・台東県で、日本統治時代のコーヒーの木(左奥)の記念碑を除幕するキーコーヒーの柴田裕社長(左)と饒慶鈴台東県長(県知事)=田中靖人撮影
21日、台湾南東部・台東県で、日本統治時代のコーヒーの木(左奥)の記念碑を除幕するキーコーヒーの柴田裕社長(左)と饒慶鈴台東県長(県知事)=田中靖人撮影

 【東河=田中靖人】台湾南東部・台東県東河郷の山中で日本統治時代に植えられたコーヒーの老木が残されていることが分かり21日、記念の石碑の除幕式が行われた。台湾では2000年以降、コーヒーの栽培が再び広まっており、一部は日本にも輸出されている。地元の人々はこれを機に台東のコーヒーの知名度を高めたい考えだ。

 同地では1931(昭和6)年、キーコーヒーの前身「木村商店」が農園を開拓したが戦後、放棄されていた。2016年、同社の柴田裕(しばた・ゆたか)社長が付近の農場視察の際に偶然、老木が残されていると聞き、地元の人々とともに保存に動いた。

 発見時、周囲は雑木林のような状態で、通常高さ2メートル程度に枝切りする木は約8メートルにまで育っていた。コーヒーの木は一般の農園では20~30年で植え替えるため、樹齢約90年の老木は「非常にめずらしい」(同社)という。

 台湾では日本統治時代に総督府がコーヒー栽培を奨励し、1942(昭和17)年に栽培面積は1000ヘクタールを超えた。台湾産のコーヒー豆は皇室にも献上されたとされる。だが、戦後の台湾ではコーヒーを飲む文化はなく、53年には5ヘクタールまで減少した。

 転機となったのは99年の集集地震(台湾大震災)だ。震災で被害を受けた農地で、付加価値の高い作物としてコーヒー栽培が奨励され、現在は1150ヘクタールまで広まっている。

 台湾産の豆はフルーティーな香りとさわやかな口当たりが特徴という。一部は日本にも輸出され、産地ごとの特徴を楽しむ消費者に選ばれている。

 老木の保存はキーコーヒーが来年、創業100周年を迎える記念事業の一環でもあり、式典には柴田氏も出席した。柴田氏は「創業者の夢を台東の皆さんがつないでくれて感激している」と感謝の言葉を述べた上で、「この歴史的な瞬間を新たな里程標にしたい」と抱負を語った。台東県の饒慶鈴(じょう・けいれい)県長(県知事)は「これを機に台東のコーヒーのブランドを確立していきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ