PR

ニュース 国際

大韓航空が〝ドル箱〟日本路線を大幅縮小 収益低下で

韓国・仁川空港の大韓航空機=3月(聯合=共同)
韓国・仁川空港の大韓航空機=3月(聯合=共同)
その他の写真を見る(1/3枚)

 【ソウル=名村隆寛】韓国の航空会社、大韓航空は20日、日本と韓国を結ぶ路線を大幅に見直し、一部の路線を運航休止や減便にすることを発表した。日韓関係の悪化により、韓国では訪日を回避する動きが出ており、日本路線の需要減少が影響しているようだ。

 大韓航空によると、9月16日からは釜山(プサン)-関西(現在週14往復)を、11月以降は済州(チェジュ)-成田(同3往復)、済州-関西(同4往復)の路線をそれぞれ運航休止にする。

 さらに、9月29日から11月16日までは仁川(インチョン)-小松、仁川-鹿児島(いずれも同3往復)を、9月29日から10月26日まで仁川-旭川(同5往復)をそれぞれ一時的に取りやめる方針だ。

 また、週28往復運航している仁川-関西と仁川-福岡は、10月27日から11月16日までそれぞれ21往復に減便。9月29日から11月16日まで仁川-沖縄が週7往復を4往復に、釜山-成田と釜山-福岡が週14往復から7往復にそれぞれ減らされる。

 運航休止や減便の理由を大韓航空は「収益の低下」としている。同社は、今年4~6月期に1015億ウォン(約90億円)の営業損失を出しているが、これに加え、韓国では日韓関係の悪化に伴い、日本旅行ボイコットの運動が起き、訪日旅行のキャンセルが続出。予約は低迷している。

 大韓航空はすでに7月、札幌-釜山の路線の運航停止を発表しており。今回の見直しに加え、他の日本の地方路線でも減便を計画しているという。韓国の航空会社にとって日本路線は「ドル箱」といわれるが、今回のような大幅な見直しは初めて。

 代わりに東南アジアや中国との路線を増やすと、同社は説明するものの、韓国での訪日忌避の動きは自国の航空会社の経営に影響を及ぼし始めている。

 大韓航空に加え、アシアナ航空や格安航空会社(LCC)など韓国の日本路線を持つ全航空会社8社が、九州各地や静岡、富山、米子などへの路線の運休や削減をすでに決定。削減対象となった日本路線は60以上となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ