PR

ニュース 国際

香港デモ「170万人」参加 当局不許可 道路埋め尽くす

香港中心部の道路でデモ行進する抗議集会の参加者ら=18日(ロイター)
香港中心部の道路でデモ行進する抗議集会の参加者ら=18日(ロイター)
その他の写真を見る(1/4枚)

 【香港=西見由章】香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正や、市民に対する警察の「暴力」などの問題をめぐり、香港島中心部のビクトリア公園で18日、改正案撤回など政府に5項目の要求を突きつける抗議集会が開かれた。

 警察当局はデモ行進を許可しなかったが、市中心部の幹線道路は広範囲にわたって、この集会から派生した市民らによるデモ隊で埋めつくされた。集会を主催した民主派団体「民間人権陣線」によると、集会とデモを合わせた参加者は計約170万人に達した。

 警察隊は同日夜までにデモ隊を制圧する大きな動きは見せなかったが、集会への参加者は約12万8000人だったと発表した。

 中国側は香港と境界を接する広東省深●(=土へんに川)(しんせん)に中国の武装警察部隊を集結させて威嚇しているが、香港側に抗議収束の兆しは見えない。

 同日のデモに参加した立法会(議会)の民主党議員、林卓廷氏(42)は中国武警の動きに「香港人への警告で、本当に中国共産党が武力を行使する事態にはならないだろう。香港警察には今の状況に対応する能力がある」と話した。

 同日午後、集会開始を前に主催者側は平和的な行動を呼びかけた。ただ、10万人が収容可能とされる同公園の敷地から市民らの参加者があふれた。参加者らは中心部につながる大通りをシュプレヒコールを上げながら行進。黒い服装の一部のデモ隊はショッピングモールの中にも入り「香港人頑張れ」と気勢を上げた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ