PR

ニュース 国際

自爆テロで63人死亡 アフガン、182人負傷

18日、カブールの結婚式場の爆発で負傷し、病院に搬送される被害者(AP)
18日、カブールの結婚式場の爆発で負傷し、病院に搬送される被害者(AP)

 アフガニスタンの首都カブールにある結婚式場で17日夜、爆発があった。アフガニスタン内務省は18日、63人が死亡し182人が負傷したと明らかにした。大統領報道官はツイッターで自爆テロだとの見方を表明。AP通信は、式には千人以上が招かれていたとの情報を伝えた。

 式場はカブール西部にあり、同国で少数派のイスラム教シーア派を信仰するハザラ人の結婚披露宴が開かれていた。ハザラ人は、ともにスンニ派の反政府武装勢力タリバンと過激派組織「イスラム国」(IS)の双方から標的とされてきた。 爆発後、タリバンは犯行を否定し、非難する声明を出した。これに対しガニ大統領は18日、タリバンがテロの土壌を作っているとして「非難を免れない」と表明した。 一方アフガンの他の勢力からも犯行声明は出ていない。 カブールでは7日に自爆テロがあり、14人が死亡、145人が負傷した。この際はタリバンが犯行声明を出した。同国では9月28日に大統領選が予定されており、治安の悪化が懸念されていた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ