PR

ニュース 国際

トウモロコシ畑に緊急着陸 ロシア機、全員無事

15日、モスクワ郊外の空港近くのトウモロコシ畑に緊急着陸したウラル航空の旅客機(AP)
15日、モスクワ郊外の空港近くのトウモロコシ畑に緊急着陸したウラル航空の旅客機(AP)

 ロシアのウラル航空の旅客機(乗客乗員233人)が15日、モスクワ郊外のジュコフスキー空港を離陸直後にエンジンに異常が発生し、空港から約1キロ離れたトウモロコシ畑に緊急着陸した。全員が一命を取り留め、国内外のメディアはユスポフ機長(41)を「英雄」と称賛。機長は「乗客らを救う任務を果たしただけ」としている。

 旅客機はウクライナ南部クリミア半島のシンフェロポリ行きのエアバスA321。機長によると、空港の滑走路を離陸した際、最初に左側、次に右側のエンジンが正常に稼働しなくなった。機体が降下し始めたため、可能な限り軟着陸することを決断。車輪を出して着陸すれば地面にめり込み機体が横転する恐れがあると考え、車輪を出さない胴体着陸を選んだという。乗客の証言などから、カモメの群れがエンジンに巻き込まれたのが事故原因とみられている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ