PR

ニュース 国際

米国債保有で日本首位 2年ぶり中国抜き返す

ワシントンにある米財務省(ロイター)
ワシントンにある米財務省(ロイター)

 米財務省が15日発表した国際資本統計によると、6月末時点の米国債の国別保有額で、日本が中国を抜き返して首位となった。2017年5月以来、2年1カ月ぶり。このところ漸減傾向にあった中国に対し、日本は徐々に増えていた。機関投資家が米国債を買い増した可能性がある。

 6月末は、日本は1兆1229億ドル(約119兆円)で、前月から219億ドル増えた。中国は23億ドル増の1兆1125億ドルだった。中国は17年6月に日本を抜き返して以降トップを保ち、保有額は1兆2千億ドルに達した時期もあった。

 米中貿易摩擦の激化で、中国では大量に保有する米国債の売却を交渉カードにすべきだとの声もあり、金融市場では中国の保有状況が注目されている。

 基軸通貨であるドル建ての米国債は比較的安全な資産とされ、外貨の運用先として各国が保有している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ