PR

ニュース 国際

尖閣周辺への出漁回避指示 中国、習氏国賓訪日控え 日本政府は動向注視

出港準備のため漁船に氷を積み込む漁師ら=15日、中国福建省石獅市(共同)
出港準備のため漁船に氷を積み込む漁師ら=15日、中国福建省石獅市(共同)

 中国が沖縄県・尖閣諸島周辺の東シナ海で設定した休漁期間が16日に明けるのを前に、多くの漁船が出港する福建省で漁業当局が漁民に尖閣周辺海域へ近づかないよう指示を出したことが15日、複数の関係者の話で分かった。習近平国家主席の来年春の国賓訪日を控え、関係悪化を避ける狙いがありそうだ。ただ指示が行き届かない可能性もあり、日本政府は動向に目を光らせている。

 福建省石獅市の漁港では15日午前、漁師らが魚を冷やす氷を船に積み込むなど出港の準備に追われていた。16日に出港するという男性(42)は「釣魚島(尖閣の中国名)の近くへ漁に行く船もある」と話した。

 同市はインターネット上で「敏感な海域に行かないように」と呼び掛けるが、男性は「知らない」と述べた。福建省では福州市や詔安県も近づかないよう促している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ