PR

ニュース 国際

国際教養大・濱本良一教授寄稿「尖閣接近 中国が対日攻勢強めた」

領海侵入した中国海警局の公船(海上保安庁提供)
領海侵入した中国海警局の公船(海上保安庁提供)

 沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺に展開する中国海警局の公船が接近の頻度を高めている。従来は公船が姿を見せない空白期間が毎月1週間程度から半月近くあったのだが、5月以降は毎日張り付くようになった。中国側が対日攻勢をレベルアップした可能性が強い。

 海上保安庁の調べでは、中国の公船「海警」が今年5月は、31日間連続で尖閣の周辺海域に展開した。このうち領海に侵入したのは4回だった。日本の元号が「平成」から「令和」に代替わりしたことに歩調を合わせた動きでもあった。

 6月は29日間接近し、領海侵入は2回だった。7月の接近は28日間で、残る3日間は台風5号が接近して海上が荒れて姿を消したもので、基本的には常時展開態勢だったと見られる。領海侵入は3回だった。

 8月に入っても初日から連日、尖閣周辺海域に4隻の中国海警が遊弋(ゆうよく)した。大型台風9号の接近を前に、6日午前に領海侵入した後に一旦撤退したが、台風が過ぎ去った12日午後に再び接近し、接続水域を遊弋している。

 周知のように領海は陸地から12カイリ=約22キロ以内であり、領海に接する外側の12カイリは接続水域と呼ばれる。領海に準じた扱いで、外国の不審船が進入した場合は、該当国の海上保安当局が退去警告を与える権限が国連海洋法条約で認められている。

 中国公船の尖閣領海侵入は2008年12月8日が最初で、この日は日中民間人会議の最終報告書が公表された日であり、東シナ海での海底ガス油田の日中共同開発合意(同年6月)を不満とする保守派の揺さぶりとみられた。さらに日本政府が12年9月に尖閣諸島を民間の所有者から購入し、国有化したことに強く反発した中国側は、公船を頻繁に尖閣周辺に送り込み、領海侵犯を繰り返すようになって現在に至っている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ