PR

ニュース 国際

【中東見聞録】「歓迎されざる客」となった難民 シリア政策誤算でトルコの重荷に

アラビア語の看板を掲げるイスタンブールの電器店(ロイター)。シリア難民の流入・定着でこうした店舗が増えたことも、地元の反感につながっている
アラビア語の看板を掲げるイスタンブールの電器店(ロイター)。シリア難民の流入・定着でこうした店舗が増えたことも、地元の反感につながっている

 360万人以上のシリア難民が暮らすトルコで、難民に対する反感と、彼らを積極的に受け入れてきたエルドアン政権に対する不満が強まっている。政権側も、難民に寛容だった元来の姿勢を転換し始めた。シリア内戦からトルコへ逃れ、首都アンカラや最大都市イスタンブールなどの都市部に根を張った難民の立場は、「同情の対象」から「歓迎されざる客」へと急速に変わりつつある。(前中東支局長 大内清)

したたかな難民たち

 国際機関などの援助を頼りに、劣悪な環境で身を寄せ合う無力な人々-。中東の「難民」は、日本人が一般的に思い浮かべるこんなイメージには、必ずしも当てはまらない。難民キャンプを出て、したたかにビジネスチャンスをうかがう人は多い。

 たとえば近年のトルコでは、男性の「毛の悩み」がシリア人の収入源になっていた。

 2016年、イスタンブールを取材していた私は、頭部に大きな絆創膏を張った男性がやたらと目につくことに気が付いた。しかも、男性たちはほぼ例外なく薄毛である。

 年齢相応に生え際が後退してきている私も、毛髪への関心は決して薄くない、いや、小さくない。調べてみると、男性たちの多くはサウジアラビアなど富裕な湾岸アラブ諸国からの観光客で、旅行ついでにイスタンブールで安価な植毛手術を受けていくのだとか。友人のトルコ人記者によると、主にえり足付近の毛根を前頭部や頭頂部に植え替える手術法がとられているという。

 ただ、トルコ語とアラビア語は言語体系がまったく違う。そこで医療機関側との仲介役となっているのが、トルコ語を身につけたシリア人だった。その嗅覚の鋭さに敬服したものである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ