PR

ニュース 国際

合意なき離脱なら英大損害 EU首脳が警告

 欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は、ジョンソン英政権が「合意なきEU離脱」を強行することは「誰の利益にもならない。英国は大損害を被る」と改めて警告した。10日付のオーストリア紙に掲載されたインタビュー内容をロイター通信が伝えた。

 ジョンソン氏は、離脱条件を決めずにEUを去っても英国は「良い方向」に進むなどと楽観論を強調。しかしユンケル氏は、英政権は「あたかも(合意なき離脱でも)問題はないかのように振る舞っている」が現実は違うと疑義を示した。

 その上で、EU側は合意なき英離脱に対し「十分に準備ができている。英側もそうであることを望む」と述べた。

 ジョンソン氏はEUとの合意の有無にかかわらず10月31日にEUを去ると公約。同日はユンケル氏の退任日に当たり、11月1日にフォンデアライエン前ドイツ国防相が後任の委員長に就任する。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ