PR

ニュース 国際

ロシア「五輪を政治利用」 聖火リレー地図の北方領土表記を批判

 【モスクワ=小野田雄一】ロシア外務省のザハロワ報道官は9日、2020年東京五輪・パラリンピックの公式サイトに北方領土を含む日本地図が掲載されているとし、「五輪の政治利用だ」と批判した。イタル・タス通信が伝えた。

 ザハロワ氏が念頭に置いているのは、聖火リレーのルートを示した地図。同氏は「日本の行動は、島(北方領土)が第二次大戦の結果、ロシア領になったという現実を変えることはできない」と主張。「平和条約締結に向けた雰囲気の醸成を害する」とも述べた。

 これに先立ち、国営ロシア通信がこの地図を問題視する記事を配信。国際オリンピック委員会(IOC)が同通信の取材に対し、「組織委側と協議する」と答えたことも報じた。

 北方領土をめぐっては、メドベージェフ露首相が今月上旬、択捉島に入るなどして実効支配を誇示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ