PR

ニュース 国際

米国務省報道官、中国による香港総領事館職員の個人情報流出を非難

米国務省のモーガン・オルタガス報道官(AP)
米国務省のモーガン・オルタガス報道官(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省のオルタガス報道官は8日の記者会見で、香港で続く「逃亡犯条例」改正案への抗議デモに関し、香港の民主派活動家と接触した米外交官の個人情報や写真を中国政府が流出させたとして、「暴力的な政権の振る舞いだ」と異例の強い調子で非難した。

 中国共産党の管理下にある親中系の香港紙「大公報」は最近、香港の米総領事館の政務担当職員が市内のホテルのロビーで黄之鋒氏ら民主活動家と接触していた様子を写真付き記事で報じ、中国外務省の香港出先機関が8日、米政府に説明を要求していた。

 オルタガス氏は、中国政府が米外交官の個人情報や写真に加え、「子供の名前まで流出させた」と指摘し、「責任ある国家が取る行動ではない」と批判した。

 同氏はまた、「米外交官の職務は反体制指導者も含めた多様な人たちに会うことだ。他の国々の外交官も同様だ」と強調した。

 問題の記事には「外国勢力が介入している」との見出しが付けられるなど、中国共産党は米国を中心とする外国勢力が背後で香港の抗議デモを扇動していると主張している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ