PR

ニュース 国際

「ライダイハン像」ロンドン中心部の公園で一般公開

英ロンドンのウエストミンスター地区の公園「セントジェームズスクエア」で一般公開されているライダイハン像(板東和正撮影)
英ロンドンのウエストミンスター地区の公園「セントジェームズスクエア」で一般公開されているライダイハン像(板東和正撮影)

 【ロンドン=板東和正】英国の民間団体「ライダイハンのための正義」が、英国人彫刻家のレベッカ・ホーキンスさんによって制作された「ライダイハン像」をロンドンのウエストミンスター地区の公園で一般公開した。

 ライダイハンは、ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士が現地の女性に性的暴行などをして生まれた混血児たち。ライダイハン像(高さ230センチ、重さ700キロ)はライダイハンとその母親をかたどったもので、6月にロンドンで開かれた集会で披露された。像は7月下旬から、ウエストミンスター地区の公園「セントジェームズスクエア」で公開されている。

 同団体の「国際大使」を務めるジャック・ストロー元英外相は一般公開にあたり「紛争下で性暴力被害者となり生き残られた方々を記念するこの彫刻を見てほしい」とした上で「韓国政府に自国軍が犯した罪を認め、国連の調査を支持する姿勢へと変えさせる役割を果たすことを願う」とコメントしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ