PR

ニュース 国際

独、対イラン有志連合へ不参加明言

 【ベルリン=宮下日出男】ドイツのマース外相は7月31日、米国がイラン沖のホルムズ海峡周辺でのタンカー護衛に向けて主導する有志連合構想について、「ドイツ政府としては参加しない」と明言した。訪問先のポーランドで語り、DPA通信が伝えた。米国のイランに対する強硬路線とは明確に一線を引いた。

 米国は有志連合への参加について、日本のほか、英仏独など欧州諸国にも要請していた。マース氏は「フランスのパートナーとも緊密に協調している」とも強調した。不参加の理由について、イランに「最大限の圧力」を加える米国の戦略は「過ち」であり、軍事的緊張激化を避け、緊張緩和に向けた外交努力を続けるためとした。

 マース氏は英国の前政権が提案した欧州主導の船舶保護については明言しなかったが、独政府報道官は31日、これに先立ち「引き続き検討に値する」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ