PR

ニュース 国際

露首相、2日にも北方領土上陸 きょうから極東訪問へ 日露関係の悪化必至

ロシアのメドベージェフ首相(ロイター)
ロシアのメドベージェフ首相(ロイター)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシア政府は7月31日、メドベージェフ首相が1、2日の日程で、露極東のサハリン(樺太)などを訪問すると発表した。イタル・タス通信が伝えた。メドベージェフ氏は極東訪問中の2日にも北方領土・択捉(えとろふ)島を訪れる見通し。日露両政府による平和条約締結交渉が進められている中で露首相が北方領土に上陸すれば、日露関係の悪化は避けられない。

 タス通信によると、メドベージェフ氏は1日、東シベリアのザバイカル地方のチタに立ち寄り、地元政府高官らと地域の開発状況などを協議。2日はサハリン州で地域経済に関する会議に出席するほか、現地のインフラの建設状況などを視察する予定という。

 メドベージェフ氏は天候にもよるが、2日にも択捉島に上陸する見通し。メドベージェフ氏の北方領土上陸が実施されれば、2015年8月に択捉島を訪れて以来4年ぶりで、4回目となる。メドベージェフ氏にはロシアによる北方領土の実効支配をアピールする狙いがあるとみられる。

 日本政府はこれまでも露政府高官による北方領土訪問に抗議。今回の択捉島上陸計画を露極東メディアが報じたことを受け、菅義偉官房長官も7月25日の記者会見で、「領土問題に関するわが国の立場と相いれない」と述べていた。メドベージェフ氏の北方領土上陸が、平和条約交渉や北方領土での共同経済活動の実現に向けた日露間協議に悪影響を与えるのは確実だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ