PR

ニュース 国際

トランプ氏「親トランプ派人事」総仕上げ 情報分析の偏りに懸念も

 ロシア疑惑の捜査から距離を置いて更迭されたセッションズ前司法長官の後任に、捜査批判の急先鋒だったバー元司法副長官が選ばれたのと同じ構図だ。それだけに、ラットクリフ氏が北朝鮮に関し、上院の人事承認公聴会でどのような発言をするかが焦点だ。

 コーツ氏はオバマ前政権で国家情報長官だったクラッパー氏の事実上の後任。コーツ氏の辞任で国務長官や国防長官、国家安全保障問題担当大統領補佐官など政権発足当初から在任する主な外交・安保系の閣僚や高官は一人もいなくなる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ