PR

ニュース 国際

ジョンソン氏、大差で党首に 英保守党 強硬離脱派、24日に新首相へ

英与党・保守党の新党首に選出され、演説するボリス・ジョンソン氏=23日、ロンドン(ロイター)
英与党・保守党の新党首に選出され、演説するボリス・ジョンソン氏=23日、ロンドン(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ロンドン=板東和正】英与党・保守党は23日、欧州連合(EU)からの離脱問題で引責したメイ首相の後任として、新党首にボリス・ジョンソン前外相(55)を選出した。ジョンソン氏は24日、エリザベス女王の任命を受けて新首相に就く見通しだ。ジョンソン氏は「強硬離脱派」の代表格で、EUと合意した期限である10月末に離脱を実現すると公約している。

 新党首は、英国各地の党員が郵便で行う決選投票で選ばれた。ジョンソン氏は約9万2千票を獲得し、約4万6千票のハント外相(52)を大きく引き離した。投票資格がある党員は約16万人だった。

 英国が国民投票でEU離脱を決めてから3年余り。党員の大半は離脱問題の膠着(こうちゃく)で国民の信頼を失うことを危惧しており、ジョンソン氏に支持が集まった。ジョンソン氏は選出後の演説で「10月末に離脱を実現し、国を一つにする」と訴えた。

 メイ氏は6月7日、離脱に道筋をつけられなかった責任をとり、党首を辞任した。党首選には、ジョンソン氏を含む10人が出馬していた。下院第1党は保守党であるため、ジョンソン新党首は自動的に英国の首相となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ