PR

ニュース 国際

京アニ火災 海外メディアもトップ級速報

放火火災があったアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ。夜になっても捜索活動が続けられていた=18日午後7時23分、京都市伏見区
放火火災があったアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ。夜になっても捜索活動が続けられていた=18日午後7時23分、京都市伏見区

 京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日発生した放火事件は、日ごろから日本のアニメに関心の高い海外メディアもトップ級のニュースとして速報。会員制交流サイト(SNS)では犠牲者を悼む声が上がった。

 英ガーディアン(電子版)は、窓から白煙が上り壁が黒くすすけた3階建てのスタジオに、消防隊が救助に入る様子などを撮影した動画をトップページに掲載。新たな情報が入るたびに記事を更新した。

 記事では、日本のアニメ業界が世界的な人気の高まりや動画配信サービスによる需要増、人手不足などが原因で、長時間労働などが業界全体の課題になっていると指摘。そうした中、「KyoAni(京アニ)」の愛称で知られる同社は社員の労働環境の改善に努め、「けいおん!」など質の高い作品を生み出してきたと紹介し、関心の高さをうかがわせた。

 事件は英BBC放送が日本から中継したほか、米CBS放送やドイツのDPA通信、中国国営メディアなどが被害状況を速報。中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」では「心が痛みます」「泣きました。大好きな京アニです。無事でいて」などの書き込みが相次いだ。(平田雄介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ