PR

ニュース 国際

NY中心部で大規模停電 7万戸超に影響、深夜に復旧

13日、米ニューヨークの繁華街タイムズスクエアで、停電の影響により大型ディスプレーの映像が消えた(上塚真由撮影)
13日、米ニューヨークの繁華街タイムズスクエアで、停電の影響により大型ディスプレーの映像が消えた(上塚真由撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ニューヨーク=上塚真由】ニューヨーク市中心部で13日午後7時(日本時間14日午前8時)ごろ、大規模な停電が発生した。繁華街タイムズスクエアを含む一帯で、同日深夜までに復旧したが、ピーク時には7万3000戸に影響が出た。米メディアによると変圧器の火災が原因という。

 停電が起きたのはマンハッタン島の西側で、地下鉄の一部路線が停止したほか、信号が止まり警察官が出動して交通整理にあたった。ビルのエレベーターの停止も相次いだ。市によると、停電によるけが人は出ていないという。

 タイムズスクエアの電飾が消えたほか、ブロードウェーのミュージカルの公演も中止に。ロックフェラーセンターも消灯し、真っ暗の中、携帯電話の明かりで道路を照らしながら歩く人の姿がみられた。大型イベント会場のマディソン・スクエア・ガーデンでは歌手のジェニファー・ロペスさんのコンサートが開かれていたが、中止となり、約2万人の観客が会場の外に避難した。

 ニューヨークでは1977年に今回と同じ7月13日に大停電が起き、市民生活に大きな影響が出た。

 アイルランドから観光にきた女性(23)は「地下鉄に乗っている最中に停電が起き、20分ほど駅のホームで閉じ込められた。せっかくの観光なのに残念だ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ