PR

ニュース 国際

「媚中派」米政府高官らがトランプ氏の対中政策批判

 また、ソーントン氏は在任中、国務次官補(東アジア・太平洋担当)に指名されたものの、人事を承認する上院で「親中派」と見なされ、昨年7月に退職を強いられた。ボーゲル氏はかつて「日本が中国と韓国に謝罪すれば関係は改善する」と発言するなど、中国と密接な関係にある。

 これに対し、同紙のジョン・ポンフレット元中国特派員は、トランプ氏の対中政策に支持を表明し、「これらの中国ウォッチャーは、過去に一度も成功しなかった対中融和に回帰すべきでない」と警告した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ