PR

ニュース 国際

メキシコ財務相が突然辞任 経済政策で対立、ペソ急落

辞任表明したメキシコのウルスア財務公債相(ロイター)
辞任表明したメキシコのウルスア財務公債相(ロイター)

 メキシコのウルスア財務公債相は9日、ツイッターで自らの辞任を突然発表した。経済政策を巡る政権内での「大きな意見の違い」が理由としている。ロペスオブラドール大統領は後任にエレラ副財務公債相を充てると明らかにした。メキシコのメディアが報じた。

 ウルスア氏は左派のロペスオブラドール氏の古くからの側近。昨年12月の政権発足から経済チームの主導的立場を担ってきたとされ、ウルスア氏辞任に衝撃が広がり、メキシコの通貨ペソは対ドルで急落した。

 昨年7月の大統領選でポピュリズム(大衆迎合)的な公約を掲げて当選したロペスオブラドール氏は、ペニャニエト前政権の経済政策を否定し、新空港の建設や石油鉱区の入札の中止を相次いで発表。投資家らから不安が広がっていた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ