PR

ニュース 国際

【環球異見】G20と世界 「自由主義は時代遅れ」 プーチン発言に揺れた欧州

6月28日、大阪でのG20サミットで集合写真に納まる首脳たち (ロイター)
6月28日、大阪でのG20サミットで集合写真に納まる首脳たち (ロイター)

 日本が初の議長国を務めた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が大阪で行われた。米中対立を基軸としつつ、新興国の台頭で複雑化した国際社会のありさまを映し出すサミットだった。英紙は、存在感を見せたプーチン・ロシア大統領の発言を切り口に、“地盤沈下”が進む欧州について内省した。露紙は、自国が国際的孤立から脱却することへの期待感から、サミットが緊張緩和に有益だったと評価した。

 □英国 ガーディアン

 ■“影の主役”欧州に自省促す

 各国・地域の利害が複雑に絡み合ったG20大阪サミットで、欧州諸国の話題をさらった“影の主役”とも言うべき人物がいた。ロシアのプーチン大統領である。

 プーチン氏は、訪日を前にした英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、欧州の普遍的な価値観である自由主義を「時代遅れだ」と切り捨てたのだ。この発言は、米中のはざまで存在感を低下させる欧州連合(EU)の足元に、首脳やメディアの目を向けさせることとなった。

 プーチン氏はインタビューで、移民排斥などを求めるポピュリズム(大衆迎合主義)が勢力を増していると強調し、自由主義は力を失ったと語った。

 プーチン氏の発言に「まったく同意しない」とすぐさま反論したのは、EUのトゥスク大統領だった。自由民主主義は必要不可欠なものであると強調し、「本当に時代遅れなのは、権威主義、個人崇拝、オリガルヒ(ロシアの新興寡占資本家)による支配だ」と訴えた。

 英メディアはしかし、プーチン氏の発言が決して的外れなものではないとも受け止めている。

 英紙ガーディアン(電子版)は6月30日、「西欧諸国の民主主義はうぬぼれか? G20が再考を迫っている」と題したコラムを掲載した。「自由主義を定義し、その衰退期を決める上で、プーチン氏には政治学者として最も優れた資格はないかもしれない」。コラムはこう皮肉りつつ、「自由主義が全盛期でないことも確かだと思う」と指摘した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ