PR

ニュース 国際

英独がイランを批判 ウラン濃縮5%着手で

 イランが核合意で定められた上限を超えてウラン濃縮度を引き上げると発表したことを受け、英外務省報道官は7日、「核合意の条項破り」に当たるとイランを批判し、合意義務に反する措置を「即時停止し覆す」よう求める声明を出した。

 報道官は英国が引き続き核合意維持に「全力を尽くす」と強調した上で、今後の方針についてはフランスやドイツを含む当事国と連携するとした。

 ドイツ外務省報道官も7日、イランの発表を受けて「非常に強い懸念」を表明し「合意内容と矛盾する全ての活動を中止し、元に戻すよう強く求める」と述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ