PR

ニュース 国際

香港デモ 一部若者が立法会占拠

立法会のガラスを破壊する若者ら=1日、香港(共同)
立法会のガラスを破壊する若者ら=1日、香港(共同)

 【香港=藤本欣也】英国から中国へ主権が返還されて22年を迎えた香港で1日、大規模な反政府デモが行われ、若者ら数百人が立法会(議会)に突入し、議場などを占拠した。治安部隊との大規模な衝突は起きていないが、香港当局が強制排除に乗り出す可能性もあり、緊迫した事態となっている。

 立法会への突入は、ヘルメットやゴーグル、マスクで顔を覆った一部の過激な若者が扇動した。鉄棒でガラスなどを割って突入したもので、制止しようとした民主派議員らに負傷者が出た。香港メディアによると、若者らは議場内の設備や歴代議長の肖像画などを破壊したという。

 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐっては、学生らがこれまで平和的なデモを行い、広範な市民の共感を得ていた。今回の暴力行為により、市民の支持が離れる可能性がある。

 この日は返還記念日恒例のデモ行進も行われ、昨年の約5万人(主催者発表)を大幅に上回る約55万人(同)が参加した。参加者は市内の幹線道路を平和的に行進し、条例改正案の完全撤回や、香港政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官の辞任などを要求した。

 1日午前には中心部で返還22年記念式典が開催された。林鄭氏は演説で、条例改正問題をめぐる社会の混乱を念頭に、「教訓をくみ取りながら民意に沿った政治を行っていきたい」などと述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ