PR

ニュース 国際

トランプ氏、ロシア製防空システム導入でトルコに制裁示唆

G20で顔を合わせたトランプ米大統領(中央左)、プーチン露大統領(中央右)、エルドアン・トルコ大統領(右上)=29日、大阪市(AP)
G20で顔を合わせたトランプ米大統領(中央左)、プーチン露大統領(中央右)、エルドアン・トルコ大統領(右上)=29日、大阪市(AP)

 トランプ米大統領は29日、トルコのエルドアン大統領と大阪市内で会談した。ホワイトハウスによると、トランプ氏はトルコがロシア製の防空システム「S400」の導入を決めたことに「懸念」を表明。同氏は会談の冒頭、トルコに制裁を科すかどうかに関し、「検討している」と述べ、制裁実施もあり得ることを示唆した。

 トランプ氏は、トルコによるS400の導入を問題視した上で「トルコはオバマ前政権下で米国製パトリオット対空ミサイルの購入を禁じられ、そのせいで事態が複雑化している」と指摘。「トルコが他国のミサイルを買ったからといって、今になって米国のミサイルを買えとはいえない。ビジネスとはそういうものではない」と強調した。

 また、トランプ氏は北大西洋条約機構(NATO)加盟国であるトルコに対し、同盟関係を強化する形で米国との防衛協力を進めるよう促した。

 これに関連し、エルドアン氏は29日、ロシアのプーチン大統領と会談し、S400導入計画には「いかなる遅延も出ていない」と述べた。トルコは7月前半にもS400の国内搬入を開始する予定とされる。

 トルコによるS400導入をめぐっては、NATOを主導する米国が強く反対してきた。米国防総省は今月上旬、トルコがS400配備に踏みきれば、米国の最新鋭ステルス戦闘機F35を供与しないとトルコ側に通告した。(黒瀬悦成、黒川信雄)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ