PR

ニュース 国際

トランプ大統領、南北非武装地帯で「金正恩氏に会うかも」

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(右)と会談する米国のトランプ大統領(左)=29日(AP)
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(右)と会談する米国のトランプ大統領(左)=29日(AP)
その他の写真を見る(1/2枚)

 トランプ米大統領は29日、ツイッターで、30日に実施が取り沙汰されている韓国と北朝鮮との間の非武装地帯(DMZ)訪問の際、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談したい意向を明らかにした。

 トランプ氏は「中国の習近平国家主席などとの重要な会談を経て、(韓国の文在寅大統領と一緒に)日本から韓国に向かう」とした上で、「もし金委員長がこの書き込みを見ていたら、握手をして挨拶をするためだけに会おうと思う(?)!」と書き込んだ。

 トランプ氏が今回の韓国訪問で金氏と会う可能性については、米政権高官が事前に「その予定はない」と述べていた。

 会談が実現すれば、今年2月末にハノイで行われた2度目の米朝首脳会談以来となる。トランプ氏は今月10日、金氏から「美しい書簡」を受け取ったと明かす一方、金氏もトランプ氏から書簡を受領したと発表していた。

 一方で、トランプ氏は29日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子との朝食会の冒頭、記者団に金氏との会談について「今朝思いついた」とした上で、「金氏が現在どこにいるか分からない。北朝鮮にいないかもしれない」と指摘し、「会ったとしても2分程度になるだろう」と語った。

 実際、3度目の首脳会談の詳細を詰めるための米朝の実務者協議は再開されていないため、仮に会談が行われても非核化交渉の進展は期待できず、むしろ両首脳が「親密な関係」を誇示するだけに終わる可能性が高い。(黒瀬悦成)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ