PR

ニュース 国際

米ツイッター、政治家の違反投稿に警告

トランプ米大統領のツイッター画面=27日(AP)
トランプ米大統領のツイッター画面=27日(AP)

 【ワシントン=住井亨介】短文投稿サイトを運営する米ツイッター社は27日、政治家や公職にある人物らの不適切な投稿について、閲覧者に注意喚起の警告を出す仕組みを導入すると発表した。これまでは公益性の観点から政治家らの不適切投稿に対して制限を控えてきたが、表現の自由との兼ね合いを考慮しつつ公人としての説明責任を果たすよう求める。

 対象となるのは、10万人以上のフォロワーを持つ政府当局者や公職の立候補者らで、不適切な投稿にはツイッターの規定に違反していることを示す警告が表れる。投稿そのものは削除されず、内容を閲覧することはできる。

 ツイッターは声明で「警告文が頻繁に表れることはない」としているが、規定に当てはまるかどうかは同社の判断になる。

 声明は「政府当局者や政治家は非常に大きな影響力を持っており、彼らの投稿は議論を招くことがある。人々が彼らの投稿に反応し、説明責任を果たさせるようにする場を提供するものだ」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ