PR

ニュース 国際

香港で集会「G20で香港問題、取り上げて」

「香港にサポートを」と書かれたプラカードを掲げ、米総領事館に向かうデモ隊の若者ら=26日、香港(共同)
「香港にサポートを」と書かれたプラカードを掲げ、米総領事館に向かうデモ隊の若者ら=26日、香港(共同)

 【北京=藤本欣也】香港からの報道によると、民主派団体メンバーらは26日、日本、米国、英国などの在香港総領事館を訪れ、28日から大阪で始まる20カ国・地域(G20)首脳会議で香港問題を取り上げるよう求める請願書を手渡すなどした。26日夜には香港中心部で集会を開催。中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の完全撤回を要求するなど、香港政府への圧力を強めている。

 この日の請願活動には学生ら約1500人が参加、欧米やアジア各国の総領事館を巡回した。参加した民主派メンバーは香港メディアに対し、「各国首脳が香港の一国二制度を守るため、中国の習近平国家主席に圧力をかけることを希望している」と述べた。

 一方、中国外務省の耿爽報道官は26日の北京での記者会見で、「G20は国際的な経済協力を話し合う場であり、主に経済、貿易、金融分野の問題を討論する」と指摘。「G20は香港問題を討論しないし、中国も香港問題を話し合うことに絶対に同意しない。完全に中国の内政に属することだ」と述べ、G20の場で香港問題を取り上げることについて改めて拒否した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ