PR

ニュース 国際

イスタンブール市長選、トルコ・エルドアン与党が再び敗退

23日深夜、トルコ・イスタンブールで、野党候補の勝利を祝う市民ら(共同)
23日深夜、トルコ・イスタンブールで、野党候補の勝利を祝う市民ら(共同)

 【カイロ=佐藤貴生】トルコの最大都市イスタンブールで23日、市長選の再選挙が行われ、即日開票の結果、与党・公正発展党(AKP)のユルドゥルム元首相が最大野党・共和人民党(CHP)のイマモール氏に敗れた。3月末の市長選と同じ結果で、AKPを率いるエルドアン大統領にとっては大きな痛手となる。

 トルコのメディアによると、開票率99%の時点で得票率はイマモール氏54%、ユルドゥルム氏45%。エルドアン氏は23日夜、ツイッターへの投稿でイマモール氏の勝利に祝意を表した。敗北を受け入れる考えを示したとみられる。

 エルドアン氏とAKPは3月末の市長選で不正があったと申し立て、選管当局が認めて再選挙が行われた。イスタンブール市長はエルドアン氏が1994年に当選して以来、一貫してAKP側が占めてきた。

 AKPは3月末、首都アンカラの市長選でも敗退。政敵を「テロリスト」と称する攻撃的な政治手法や、経済低迷に対する、エルドアン氏への批判が高まった結果とみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ