PR

ニュース 国際

独自の「インド太平洋構想」採択 ASEAN首脳会議

ASEAN首脳会議の開幕セレモニーで記念撮影に応じる各国首脳。左から5人目は議長国タイのプラユット首相=23日、バンコク(共同)
ASEAN首脳会議の開幕セレモニーで記念撮影に応じる各国首脳。左から5人目は議長国タイのプラユット首相=23日、バンコク(共同)

 【バンコク=森浩】東南アジア諸国連合(ASEAN)は23日、タイの首都バンコクで加盟10カ国の首脳会議を開き、独自の「インド太平洋構想」を採択した。議長声明ではインド太平洋地域で「ASEANが中心的かつ戦略的な役割を果たす」と明記。域内で存在感を高めたい考えだ。また、一連の会議では、海洋ごみの削減に向けて連携強化をうたった「バンコク宣言」も採択した。

 インド太平洋地域では、日米が「自由で開かれたインド太平洋」を推進する一方、中国は巨大経済圏構想「一帯一路」を通じて影響力を拡大している。

 米中の対立が深まる中、存在が埋没することを憂慮する加盟国は、ASEANこそが地理的にインド太平洋地域の「中核にある」と強調する新構想を通じ、双方と距離感を保ち、自らの利益を追求したい思惑がある。

 議長声明や合意文書「インド太平洋地域についての見解」では、インド太平洋地域について「密接に統合され、相互に関連している」と定義。ASEANが中心となり、域内の持続的な経済成長や、航行の自由の促進、紛争の平和的解決などを目指すとしている。

 議長国タイのプラユット首相は会議後の記者会見で「ASEANは太平洋とインド洋の橋渡しとしての役割を果たす」と話した。

 また、合意文書ではインド太平洋地域は「対立ではなく対話と協調の地域である」とも指摘。南シナ海の各地で中国が軍事拠点化を進め、一部加盟国と摩擦が継続する中、域内での法と秩序の重要性を強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ