PR

ニュース 国際

中比、漁船衝突事故で合同調査へ

 【バンコク=森浩】南シナ海のリード堆(中国名・礼楽灘)周辺で中国漁船と衝突したフィリピン漁船が沈没した事故について、フィリピン政府は22日までに、中国側と合同調査を行うことで一致した。調査は中国側が提案していた。中比両国は第三国も加わる合同調査委員会を設置する見通し。

 衝突事故は9日に発生。フィリピン漁船の乗組員22人は海に投げ出されたが、中国漁船は救助せずに立ち去った。乗組員は近くを航行していたベトナム漁船に救助された。

 フィリピン政府は中国漁船の対応を非難。在マニラ中国大使館は「7~8隻のフィリピン漁船に包囲された」ため、現場を離れたと説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ