PR

ニュース 国際

徴用工判決の仲裁委開催「慎重に処理」 韓国、回答先送り

 【ソウル=名村隆寛】いわゆる徴用工訴訟をめぐり韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した問題をめぐって、18日、日本政府が韓国政府に設置を要請していた仲裁委員会の委員任命の期限を迎えた。

 韓国外務省報道官は同日の定例会見で、仲裁委の開催に応じるかどうかの質問に対し「現在も慎重に処理している状況だ。この件に関して知らせることがあれば、知らせる」と述べ、明言を避けた。回答を先送りし、事実上、日本の要請を拒否したものとみられる。

 報道官は「韓国政府は最高裁判決を尊重するという基本的な立場の下で、被害者の苦痛と(心の)傷を実質的に治癒し、未来志向的な韓日関係構築の必要性を考慮している」とも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ