PR

ニュース 国際

トランプ氏、習近平氏に香港デモ問題提起へ G20で…国務長官表明

「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めデモ行進する人たち=16日、香港(共同)
「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めデモ行進する人たち=16日、香港(共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は16日、FOXニュースの報道番組に出演し、香港で起きた「逃亡犯条例」改正案に抗議するデモ隊と警官隊の衝突に関し、トランプ米大統領が今月下旬に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議の場で中国の習近平国家主席に問題提起すると明らかにした。

 香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする改正案をめぐっては、ポンペオ氏ら政権高官が「重大な懸念」を表明。ただ、トランプ氏は「デモ隊の大きさに驚いた」と述べ、双方が解決に向けて取り組むことに期待を示したものの、香港当局や中国に対する明確な批判を避けてきた。

 ポンペオ氏は番組で「大統領は常日頃、積極的に人権を擁護してきた」と語った上で、「香港で起きていることを注視している。香港市民らは、大切だと考えていることについて声を上げている」と強調した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ