PR

ニュース 国際

ヘルメット姿で…ノートルダム寺院、火災後初のミサ

パリ・ノートル・ダム寺院で4月の大火災後、初めて行われたミサ(ロイター)
パリ・ノートル・ダム寺院で4月の大火災後、初めて行われたミサ(ロイター)

 【パリ=三井美奈】パリのノートルダム大聖堂で15日、4月の火災後、初のミサが行われた。神父ら約30人が安全のため、白いヘルメット姿で参列した。

 大聖堂は火災で石柱の強度が弱まり、現在も崩落の危険から周囲が閉鎖されたまま。ミサは焼失を免れたチャペルで行われた。ミサはインターネットで中継され、主宰したオプティ・パリ大司教は「これは希望のメッセージ。大聖堂に心を寄せてくれた人に感謝する」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ