PR

ニュース 国際

天皇陛下への謝罪要求「心を痛めた方には申し訳ない」 韓国国会議長が鳩山氏に

韓国の文喜相国会議長
韓国の文喜相国会議長

 【ソウル=名村隆寛】天皇陛下(現上皇さま)を「戦犯主犯の息子」と呼び、元慰安婦への謝罪を求めた文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が「心を痛めた方たちに申し訳ないと伝える」と自らの発言について初めて謝罪の意を示した。

 韓国国会の発表によると、文氏は13日、訪韓中の鳩山由紀夫元首相とソウル市内で会談。文氏の発言について、鳩山氏が「韓国人の立場では納得できるだろうが、日本人は天皇にまで言及することは失礼だと考え得る問題だ」と指摘した。文氏はこれに対し、「全く共感する」と述べ、謝罪の意向を見せた。

 文氏は2月に米メディアとのインタビューで問題の発言をし、3月にも韓国紙のインタビューで「安倍(晋三)首相、あるいは安倍首相に準じた日本を象徴する国王(天皇)が元慰安婦に『ごめんなさい』とひと言、言えば問題が解決される」と従来の主張を繰り返していた。

 聯合ニュースによれば、今回の「謝罪の意」について、文氏側は「韓日にはおれぞれの立場があるということに同意し、心を痛めた(人がいる)のなら申し訳ないとの趣旨だ」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ