PR

ニュース 国際

中露結束誇示で米国牽制へ 上海協力機構が14日に首脳会議

 ウシャコフ氏によると、プーチン氏は「SCOの枠内での多国・多地域間協力の拡大や、より緊密な参加国との協力関係の構築が重要だ」との考えを示している。一環として、プーチン氏は各首脳に対し、来年が第二次大戦の戦勝75周年に当たることをふまえ、大規模記念行事をモスクワで合同開催することを提案する可能性があるという。

 欧米との対立が続くロシアにとって、旧ソ連諸国や中立的立場の国が参加するSCOの意義は大きい。ロシアは参加国との関係を強化して国際的孤立を回避するとともに、対米政策で利益を共有する中国と協調して米国に対抗していく戦略を描いているとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ